作家による創造、作家を生む創造

                                        全日中美術創造作家展

     当展は個性と創造性のあふれる作品を求め、日中及び世界に向けて高い芸術を発信する。

     作家だからできる個性的な創作、そして個性的創造的な才能を掘り出して作家になるチャレンジ。

     ★ 同館彫塑室にて同時開催:「一つの世界――200名中国著名画家による200ヵ国を描く作品展」

     (主催:中国文化芸術家連合会 実行:全日本中国水墨芸術家連盟、太陽昇集団会社)

     ★ 本展は「朝日新聞」「読売新聞」「毎日新聞」「産経新聞」「東京新聞」及び他のマスコミに広告掲載予定です。

     概  要

     ●会 場=東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36・電話:03-3823-6921)1階第4展示室A

     ●会 期=2008年11月30日(日)〜平成20年12月7日(日)

     ●出品申込と受付=平成20年10月1日(水)〜11月22日(日)

     ●搬入搬出=平成20年11月22日事務局まで、直接搬入は11月30日(日)午前9時より

      搬出は12月7日(日)午後2時より

     ●送る先=〒332-0017埼玉県川口市栄町3-2-15-510(電話:048-259-0171、FAX:048-259-0671)

     ●主 催=全日本中国水墨芸術家連盟 協力=東京画院、日本中華書画芸術研究院

     ●後 援=中国文化芸術家連合会・太陽昇集団会社・「水墨之友」雑誌社

     ●指導委員会:村山富市、橋本聖子、馮遠、馬驍、斉夢章、白浪、王子江、何水法、杉谷隆志、

      阿部風木子           

     ●評議委員会:中野中、味岡義人、宇俊之、楊永居、顧哲剛、劉済平、工藤曜日、王徳水、熊峰、王偉義、金醒石、

      手塚五峰、培霊、姚小全、李玉興、蒋開発、佐藤瑞香、馬樹茂、牛子華、寒梅人、方子平、李鉄君、馬越陽子、

      朝鴻、沈強、袁波、丁長林、ヒツ冬塋

     =============== 募集要項 ===============

     ●応募資格:作家とその個性的創造性のある作品に限定、初心者、模写作は不可。

     ●作品内容:東洋系美術を主とし、西洋画の平面美術も可。新旧作は不問。

     ●作品規格:額=上限50号;軸=上限全紙

     ●その他:作品写真は、できるだけ各個人が高質のものを提供すること。

     ●評 価:当芸術評議委員の選考、評定により「作家入選証書」と「創造作品証書」が授けられる。

     お問い合せ:全日中美術創造作家展実行委員会

     〒332-0017埼玉県川口市栄町3-2-15-510  

     (電話:048-259-0171、FAX:048-259-0671)

     総合水墨交流事務局内

     (メール:nrj48848@nifty.com