“風に向いて咲く花”――第17回全日中展

(中文)“迎风绽放之花”——「第十七回全日中展」

●“年々歳歳花相似、歳歳年々人不同”(漢詩の句)の通り、 10月23日から28日までの期間、埼玉県立近代美術館にて開催された第17回全日中展は、毎年ある似した基本的内容のほか、今年出展された25人の中国書画家の訪日代表団は、それぞれ特色のある書画芸術を持ってきたばかりでなく、さらに人を感動させる物語を持って来たのである。
(中文)“年年岁岁花相似,岁岁年年人不同”。10月23日至28日在琦玉县立美术馆举办的[第十七回全日中展],虽然有年年相似的基本内容,但是今年来日参展的25位书画家及随从人员组成的访日代表团,不但给人们带来的各具特色的书画艺术,更为大家带来了许多感人的篇章。
●みんな周知の領有権の波風が、近づいた本展に冷たい風が吹いてきた故に、当初出展予定の一部の方が訪日団を辞退した。しかし、多くの書画家は自分の信念を持って、さらに国際交流の良い経験もある。彼らは芸術には、国境を越え時代を超越する永久の価値がある、友好と平和は永遠に追求する価値があるとの信条を動揺せずに結局25名の書画家チームが政治波風の妨害を退く、予定通りに訪日計画を遂行した。
(中文)众所周知的岛屿风波,给即将临近的本展刮来阵阵冷风,部分原定参展的人员纷纷退出访日团,但更多的书画家拥有了了国际交流的美好体验,进而怀有自己的主见和信念,他们说:艺术本来就是超越国界超越时代的永久价值,友好和平是具有永久追求价值的目标取向,我们不受政治风波的干扰,按原定计划进行来日。
●高齢80才の書画愛好家薛碧荷女史は、早くも来日出展のために一点の日中友好表する作品を作り、画面に題詩あり: “中国日本近隣縁、歴史恩怨化解先、和諧友好重万金、守衛世界和平天”。日本の毎日新聞の記者は彼女を取材し、彼女が過去の戦争経歴者として、日本軍機が飛んで来て慌しく避難する記憶があり、彼女はこう話した:私たちが戦争の経験者であるからこそ、平和の貴重さを知っている。到頭家庭内外からの反対意見を押し切って来日を実現した。記者は彼女の写真と記事を24日の毎日新聞地方版に掲載された。
(中文)高龄八十的业余书画家薛碧荷女士,早已为了来日本参展交流做了一幅表达日中友好的画作,并在上面题诗:“中国日本近邻缘,化清历史恩怨先•••••和谐友谊重万金,保卫世界和平天”。展览期间日本每日新闻社记者采访了她,得知她还是当年战争的经历者,记得日军飞机飞来慌忙逃难的日子,她说:“正因为我们经历过战争,所以更加知道和平的宝贵”,她在来日前顶住了来自家庭内外的反对意见后才实现了赴日表达和平友好的心愿,使得记者大为感动,把她的照片登在翌日(24日地方版)的报纸上做了重点报道。
●上海の画家周仁康は人物画を得意とし、来日前に村山富市元首相の肖像画作品を創り、画面上に村山先生の題字”日中文化、親和の縁”を書きつけて、背景は荘厳な美しい富士山に日本の天皇を象徴する菊の花によって、中日民族の相互尊重の願望を表した。村山富市元首相に会えなかったので、宇俊之会長を通して伝達し、村山富市先生より称賛と感謝の意を頂いた。また周さんは500人の羅漢の像を描かれた長さ36メードルの絵巻も展示し、観客から驚嘆の評価を得ました。
(中文)上海画家周仁康擅长人物画,来日前为村山富市前首相作了一幅肖像画作品,上面写上了村山先生的题字“日中文化,亲和之缘”,背景配以庄严美丽的富士山,以及象征日本天皇的菊花,表达了中日民族相互敬重的美好愿望。虽然没有能够亲自进呈给村山富市前首相,但是通过宇俊之会长作了转达,得到了村山富市先生的赞许和勉励。他还展出一幅手绘500罗汉的36米长卷,让日本客人叹为观止。
●徐州の工筆画家蘇世敏は、1枚6尺全紙作品を持参、画面に平和のシンボルの鳩と医護人員を描いている。彼女は、これが512中国四川大地震后被災地人民を慰問する願望を表すことで、同様に311大地震に遭った日本人民への慰問の意を表すために用いて、また宇俊之会長に依頼し“ 克服震災、重建家園;日中互助、友好万年” の題字を書き加えて、24日の日本の国会参観で国会に贈呈し、日本全体の人民に1人の中国芸術家の大愛心境を表した。
(中文)徐州工笔画家苏世敏,带来一幅6尺整幅作品,上面画着抱着和平鸽的医护人员的形象,她说这是表达在中国512大地震后慰籍灾区人民的心愿,同样用来表达对经历了311大地震的日本人民的慰问,还请宇俊之会长在画上题字:“克服震灾,重建家园;日中互助,友好万年”,于24日参观日本国会时赠送给了日本议会,给全体日本人民表达了一位中国艺术家的大爱心境。
●中国代表団の書画家は日本に来て至る所に感じられるのは、日本人が悠久なる中華文化に対する尊敬と感服のこと。 24日は国会議長会議室にて行われた中国書画家歓迎会にあって、衛藤征士郎副議長の秘書神田氏の歓迎の辞を述べる:今は日本での最も美しい秋で、ともに“芸術の秋”、“美食の秋”、“スボ-ツの秋”と”読書の秋”なども称している、そのうち”読書の秋”は中国史上の大文豪韓癒氏により呼ばれたものであります。まだ多くの日本人は安心立命の哲学が中国伝統的文化中の経典から吸収したものである、それは中国文化に対し内心から発す尊崇の意であります。 中国書画家たちも自分の書画作品とおみやげを日本の“知音”に贈呈し、ともに芸術は無国境、と時代を超える永遠な価値を表した。また中国画家達は議長室内に掛けられている宇俊之作品「天馬の図」を観賞し、中国水墨画の日本への影響の一面が伺える、中国の専門家からも宇俊之の「天馬の図」の芸術性思想性を高く評価した。
(中文)同时,中国代表团的书画家来到日本后,大量地直接感受到的日本人对中华悠久文化的敬重和敬佩。24日在国会议长会议厅举办的中国书画家欢迎会上,卫藤征士郎副议长的秘书神田先生敬欢迎词中说到,现在是日本最为美丽的秋季,也叫“艺术之秋”、“美食之秋”、“体育之秋”和“读书之秋”等等,其中“读书之秋”就是中国历史上大文豪韩愈提出来的。他还说许多日本人物安身立命的哲学都取之于中国传统文化中的经典,他们对于中国文化的尊崇发自内心。神田先生还说:通常议长室接待的中国朋友都时国家领导人,你们书画家也享受领导人待遇是因为日本人非常敬重中国文化艺术大使的书画家们。中国书画家们也将自己的书画作品和礼物纷纷赠送给日本国会和卫藤议长,并表达了艺术无国界、艺术追求永恒的价值观念。中国朋友还在议长室内观赏了悬挂在墙上的宇俊之作品[天马图],从另一个侧面感受到了日本人对于中国水墨画的喜爱。[天马图]还得到了中国书画同行专家的高度评价。
●25日に行われた表彰式と交流大会において、このような友好ムードがさらに高まり、一層の熱烈が直接に感じられ、忘れられない思い出となった。 今回の“特別な時期”に来日した中国書画家に対する特に紅花の胸章をつけることを決め、宇俊之会長が書画家各位の芸術成果と来日交流の願望を詳しく紹介する時に、熱烈な拍手を度々起こった。多くの日本の友人は中国書画家に会うことを上客の会見として、高級な和服を着て出席の方の比率は、歴回の最高記録となった。
(中文)而在25日举办的表彰、交流大会上,这种感受更加热烈和直接,令人难忘。为了表达对这次中国书画家在“特殊时期”的成功访日,大会决定只给中国书画家们佩戴红花,在宇俊之会长向大家一一介绍各位书画家的成就和来日本交流的心愿时,会场响起阵阵热烈掌声。宇会长还说:我们背靠悠久雄厚的中国书画文化进行中日交流,你们的艺术成就就是我头上的光环和心中的骄傲。许多日本朋友把会见中国书画家当作会见贵宾,穿着高级和服、携带各种礼品前来赴会的人数比例为历届之最。
●中国訪問歴を40回を超えた日本女画家佐藤瑞香は歓迎の意を表した紅葉柄の和服を着て出席し、日本の特色ある小さい贈答品を持って出席し、中国書画家にプレゼントした。日本女書画家小林陽光先生はわざわざチャイナドレスを身に付けて出席され、中国書画家へのプレゼントも用意し、中国の書画家も作品などで贈答し、お礼を返すこととなった。
(中文)访问中国40多次的日本女画家佐藤瑞香穿着表达欢迎心意的红叶纹样和服与会,还带来许多具有日本特色的小礼品份送给中国书画家;日本女书法家小林阳光则穿着中国旗袍前来赴会,还送给中国朋友日本式围巾等礼品,让中国女士顿时感到阵阵温暖,以回赠书画作品表达“来而不往非礼也”。
●さらに小林陽光女史はスピーチをし、彼女は中国から日本に伝えられた書画文化、漢字文化および染織文化、飲食文化、建築文化などのほとんどすべての伝統的文化の源に再三にわたり感謝の意を表し、いかなる理由でも日中友好交流を続けなければいけない決意を表した。また自分が月末にまた上海で開かれる国際展覧会に出品するなどスケジュールを皆に配しました。
(中文)更让中国朋友感动的是,小林女士热情表示感谢中国给日本带来了书画文化、汉字文化以及建筑文化、染织文化、饮食文化等等几乎涵盖所有传统文化的领域,她说没有任何理由可以停止日中友好交流,她本人已经多次参加中国的文化活动,还将自己繁密的交流日程分发给中国书画家们。
●もう一人、日本女史画家河原周雲は暫くの病気から回復後の出品で、 毎日のように来場し中国書画家との交流を楽しむ。表彰式に簡単なスピーチをし、只ひたすら“日中の芸術家よ必ず友好と交流を続けよう”と唱えました。このような中国文化を愛し、日中交流に疲れ知らずの日本の友人のそばにいることで中国の書画家は、自分の故郷に戻った感じがいっぱいで感無量であった。
(中文)又一位和服画家河原周云女士久病初愈重返画坛,天天来到全日中展会场同中国书画家交谈流连忘返,她主动要求在表彰会上发言,情真意切地呼吁:“中日人民和艺术家一定要友好再友好!”如此喜欢中国传统文化、对日中交流乐此不疲的日本友人比比皆是,使中国客人的感受就是“宾至如归”。
●今回、中国書画家は日中交流に推進する強き信念を持って来たばかりでなく、同時に持って来たものは日本の友人を感動させる中国書画芸術です。 寧波からの書家の汪平氏は全日中展にて個展を開催、70余り点の書作と少量の墨画作品を展示した。 汪平氏の書道は伝統的基礎が堅実なもののみならず、個人的風格も強烈に打ち出して、そのうえそれぞれの作品は立地から構想、字体の組み合わせ、色の配置、形式の設計などに、それぞれ独自な特徴を以て創作され、豪放な大書から整然とした小字まで奔放自由に表現されていた。論家が氏の書道を“芸術書道”と称す(普通は書道芸術と称す)、日本の友人が見た感想は“渾身に通電されたような震撼だ”と言い表す。
(中文)本次中国书画家不但带来了推进日中交流的坚定信念,同时带来的是让日本朋友感佩不已的中国书画艺术。来自宁波的书家汪平在全日中展中举办个人展览,展出70余幅书法及少量墨画作品。汪平的书法不但传统功底坚实,个人风格创新强烈,而且每幅作品从布局构思、字体组合、颜色配备、乃至表装形式都有独到的设计,每幅都不重样,豪放大书如苍鹰冲天,规整小楷如蜂蝶采蜜,被论家称为“艺术书法”(通常称作书法艺术),有日本朋友看后表达感想谓“有如浑身通电般的震撼”。
●山東からの書画家魏延君は世界記録を作った一人で、氏は一塊の巨石に一万零一個の形重複なしの書体“福”字を刻んだ、全称“中華万福”巨印、座を含め重さ60トンのこの巨印は現在清華大学キャンパスに保存されている。 氏の書画作品に近づくと、“万福の巨印”からのエネルギーが湧いてきたように感じさせられる。
(中文)来自山东的书画家魏延君是一位世界纪录的制造者,他在一块巨石上刻了一万零一个不重样的篆体“福”字,全称“中华万福”巨印, 连底座共60吨重的巨印现保存在清华大学校园内,这次他带来一幅2尺见方的巨印拓片,密密麻麻1万零一个“福”字,字字都来自严格考证收集,还包括中国56个民族的文字,可谓中国“福字大全”。走近他的书画作品,似乎可以感受到“万福巨印”的能量正在力透纸背冲您而来。
●今年70歳の中国美術家協会会員の張朝翔氏は、長年をかけて研鑽した末、中国画の新画派“野風画派”を誕生させた。濃い色彩によって水墨に替わって、自由な構図構成によって伝統的な構成法を突破、同時に伝統的な運筆のリズム感を保って調子を変える芸術創新で、人目に一新するイメージが長く記憶に留まることとなる。
(中文)现年70岁的中国美术家协会会员张朝翔,多年钻研自创中国画新画派“野风画派”,以浓重色彩取代水墨,以自由构成取代传统章法,同时保留传统运笔的气势节奏和抑扬顿挫,令人耳目一新经久不忘。
●天津からの中国書法家会員の蘇長華氏は、その強い工夫の書道作品に少量の水墨画作品を展示され、“書画同源”の悠久の伝統が表れる。書画分家の日本書画界に大変感服させることでしょう。
(中文)来自天津的中国书法家协会会员苏长华,其书法作品自然功力深厚且自具特色,兼有少量水墨画作品也均为上品佳作,笔笔见功力,气脉长连贯,体现出“书画同源”的悠久传统于今不绝的特色,使得书画分家渐行渐远的日本书画界叹服不已。
●金秋の十月、十月の錦秋。 共に芸術の秋、文化の秋、友好の秋、交流の秋などで、それで政治面は”多事の秋”であるかどうかにかかわらず、芸術は芸術家自分に属する恒久の春秋がある。 それは、全日中展審査委員長で著名画家の白浪先生が表彰大会で述べた話の通りに: 芸術家は眼の前の得失を図るばかりでなく、いっそう長期の歴史の意味を考慮しなければいけない、芸術生命を長くするものだという。 彼は、日本の建長寺の招待を受け、100メートルの桜の図の創作を依頼された。この雄篇を求めて、ただし桜の花弁もおおよそ一億の花びらを描くでしょうと、十年間の歳月を掛ける大工程だが永久に保存されると白浪は言う。
(中文)金秋十月,十月锦秋。不但是艺术之秋,文化之秋,同样也是友好之秋、交流之秋,而不管政治领域是不是“多事之秋”,艺术和艺术家自有属于自己的永恒的春秋。诚如全日中展审查委员长、著名画家白浪先生在表彰大会上所言:艺术家不但要考虑眼前的进退得失,更要考虑长远的历史意义,争取艺术生命的长久不衰。他透露正在接受日本建长寺的邀请绘制100米长的樱花巨作。白浪说,要完成这个巨作,单是樱花的花瓣就要画上亿之多,预计费时十年,但将永久保存。
●風に当たりの本展は、予定より100点の出展作を減らしたが、依然として日中双方合わせて460点の書画作品の展示規模に達した。 その中に村山富市元総理、海江田万里元経済産業大臣より書道作品が出展されたほか、元外務大臣政務官福島啓史郎氏、埼玉県日中友好協会理事長中琦恵氏、日本中国平和統一促進会会長陳福波、著名画家白浪、劉済平など人士が表彰会に出席、受賞者に賞状を授けた。
(中文)迎风举办的本展,虽然比预定减少100幅作品,依然达到日中双方相加共计460幅书画作品的展出规模。日本前首相村山富市、前经产大臣海江田万里等为本展提供了书法作品,日本元外务大臣政务官福岛启史郎、琦玉县日中友好协会理事长中琦惠、日本和平统一促进会会长陈福坡、在日画家刘济平等人士参加表彰会并为获奖者颁布了奖状。
●展覧会終了後、中国書画家たちがバスに乗り空港に向かう出発の際に、中崎恵理事長、小林陽光女史、宇俊之会長がバスに上がり、皆様にさようならの挨拶し、特に小林女史が離れがたい表情での挨拶が、皆様に感動を与えた。中国書画家たちがこの特殊な時期での友好交流の使命を果たされた満足感を持って帰国した。
(中文)展览结束中国书画家们登上大客车启程之际,中琦惠理事长、宇俊之会长和小林阳光女士登车向大家道别,小林女士动情含泪依依惜别的情态让中国朋友感动不已,大家都怀有一种在特别时期充当了和平大使文化大使的满足感而荣返祖国。

日中書画家たちの大集合写真
国会議長室にて歓迎式後の集合写真
国会議長室にて中国書画家訪日団歓迎式を行う
国会参観記念写真
訪日中国代表団会場での記念写真
中日永遠友好を願う作品を日本国会に贈呈する徐州画家蘇世敏(左)、画 面に宇俊之会長の題字がある
議長室に飾られる宇俊之作品「天馬図」前の記念写真

元外務大臣政務官福島啓史郎挨拶
全日中展審査委員長著名画家白浪挨拶
宇俊之会長挨拶
中国書画家代表汪平挨拶
中国書画家代表魏延君挨拶
授賞式風景
表彰式会場

来場の日本の書画愛好者達と中国画家張朝翔(後列左一)の記念写真
中国書道家汪平先生の作品に惹かれるお客様
表彰式後実演揮毫の中国書画家 (10)
中国画家王学軍(右)日本新聞記者の取材を受ける
上海画家周仁康(右)が村山富市元総理の肖像画を創作、展示
牡丹の作品を贈呈し日中友好を願う日中の書画同士
中国四川画家程紹栄(左)と日本人画家小山汀雪の作品交換交友
中日友好の願望を込めた作品前の上海作家薛碧荷(79)
書画印家魏延君氏の巨印「中華万福」拓本
白浪審査委員長を囲む会員たち
汪平作品を収蔵する河原周雲女史との記念写真
日本書家小林陽光と中国書家郭忠林