「全日中墨連選抜作品展」

歴年の「全日中展」を舞台とする全日中水墨芸術家連盟の会員、参与、理事などから選ばれた作品約150点、本展最高顧問・元総理村山富市先生、元産業経済大臣海江田万里の題字を始め、在日中国と日本人著名書画家白浪、宇俊之、熊峰、金醒石、王偉義、李玉興、劉済平、牛子華、培霊、及阿部風木子、佐藤瑞香、若狭若州各氏の傑作の発表と揮毫実演交流などで、日本水墨書画界の一つの窓口を開いたともいえる。その中、日中国交正常化40周年を祝う、日中友好促進の願望を以てとりわけ熱心に本展に参加した書画家も多くいる。

会場風景 (1)

会場風景 (2)

会場風景 (3)