[中国精英書画家作品展]

広東省美術協会会員唐剣光、孫玉潔夫婦画家をはじめ、岳福豹山西省書道家協会副主席、王忠和遼寧省丹東書画院院長、東京画院認定画家線軍ら19名書画家で構成された代表団も、それぞれの特色を持つ作品の展示で、全日中展を賑わす注目の部分となった。

26日開会式と懇親会にて、中国の書画家と日本人書画家佐藤瑞香、若狭若州、中野素芳各氏が輪番に揮毫実演、素晴らしい書画作品の即席完成と相互贈呈で日中書画家同士の友好交流の感動の話題を作った。特に着物姿の日本人女性書画家はスターのように中国人書画家に囲まれ記念撮影を沢山した。

28日、中国代表団の書画家たちに「入選証書」を授けるときに、全日中展参与で、日本人画家佐藤瑞香先生は、日本産の青墨を中国人書画家たちにプレゼントし、皆大変喜ばれた。

全日中展看板前

会場にて中国書画家代表団の集合写真

中国書画家により書画作品の贈呈

着物女性に囲まれる中国書画家

唐剣光、孫玉潔夫婦画家の共同作品「仙藤図」

実演後日中画家作品相互贈呈