「全日中展」の姉妹展・2010「友好色彩」

                        北京国際美術大展(アジア太平洋地区)開催

                                    宇俊之会長出席、村山富市元首相祝辞代読

     ◆7月7日〜11日の期間、北京図書館展示ホールにて開催された本展・2010「友好色

     彩〜北京国際美術大展(アジア太平洋地区)」は中国、韓国、マレシーア、シンガポー

     ル、インドネシア、フィリピン、ブルネイ、オーストラリアなど8ヶ国の書画作品150点の

     展示、日本からも全日中展の傑作7点が出品されました。

     ◆本展は「中国書画家報」社と「中華国粋」雑誌社の主催により開催されたもので、本誌

     も応援に加わり、代表の宇俊之氏が開会式に出席、村山富市元総理の祝辞を代読致し

     ました。

     ◆故・中国著名画家徐悲鴻の夫人・「徐悲鴻記念館」館長・88才高齢の廖静文女史も出

     席、祝辞をのべました。中国の政協羅浩才副主席も応援のために開会式に臨んだ。

         

               
               1、本展看板

               
               2、徐悲鴻夫人廖静文女史と宇俊之会長

               
               3、主催代表李浪木が開会の辞を述べる

               
               4、村山祝辞1

               
               5、村山祝辞2

               
               6、村山富市元首相の祝辞を代読する宇俊之会長

               
               7、シンガポール画家代表挨拶

               
               8、開会式のテープカット、左より:マレシーア水墨画会会長鐘正川、廖静
               文女史(3人目)、中国人政協副主席羅浩才、シンガポール芸術家協会
               会長梁振康、宇俊之会長、中国保険会社社長陳希月、徐悲鴻画院副院
               長黎明中

               
               9、アジア太平洋八ヶ国書画家大集合

               
               10、徐悲鴻画院副院長黎明中(左)と宇俊之会長