全日中展の姉妹展

                                         第3回中日文化藝術名家交流展

         ■4月20日、21日の二日間、さいたま市文化センター展示場において、来日中の中

     国書画家50名と日本人書画家20数名が一堂に会し、日中両国の文化交流、人的交流

     が盛大におこなわれた。

         本展は中国文化管理学会、中国書画人材研究会、中国大地書画院と全日本中国

     水墨芸術家連盟、東京画院の聯合主催により実現したもの。日本側からは村山富市元

     首相より祝いの揮毫“水墨交流・友好之橋”を、また参議院議員西田実仁氏より祝電をい

     ただいた。

         開会式では埼玉日中友好協会理事長中崎恵氏、松濤美術館美術研究家味岡義

     人氏、全日中展顧問阿部風木子氏(84才)、詩人、書家秋本里仙氏らが熱い心で歓迎の

     辞を述べた。

         ■本展日本代表宇俊之氏と中国書画家代表張明奇氏がそれぞれ友誼を交わす挨

     拶、中国書画家からは自分の作品を日本の友人に贈呈する儀式が行われた。その後、

     実演交流や相互に作品贈呈など日中友好、日中文化交流にとって楽しく有意義な時間

     を共有した。

               
               1、名家交流展に参加した日中書画家の大集合

               
               2、テップカット=左から:東方画会主席斉夢章、中国珠江書画院院長江
               榮宇、中国南北書画院副院長単永歙、埼玉日中友好協会理事長中崎
               恵、東京画院院長馬驍、国際墨画協会会長阿部風木子、美術評論家味
               岡義人、全墨連会長宇俊之、書道家・秋本里仙、中国文化管理学会会
               長朱浩東

               
               3、中国芸術名家研究院副理事長唐恵軍と「全日中展」顧問阿部風木子

               
               4、在日中国著名画家斉夢章先生の大写意の実演

               
               5、書道家・詩人秋本里仙と中国中央テレビ高級美術師程徳華

               
               6、中国書画家の代表中国翰墨書画院院長張明奇さん挨拶

               
               7、中国南北書画院副院長単永歙と美術評論家味岡義人

               
               8、中国画家鄭衡山と宇俊之会長

               
               9、日中の書画家達の実演交流風景

               
               10、世界華人美術家協会終身名誉主席趙金虎による指画の実演

               
               11、新疆自治区美術協会副主席・油絵画家艾拜都拉・麦麦提明

               
               12、中国西安歌舞劇院著名二胡演奏家楊凌さんの演奏で日本画家米
               田由美子と宇俊之会長が「北国の春」を熱唱