村山富市元総理が開会式にご臨席

                             「宇俊之作品展&全日中優秀作品展」福州開催

     ●10月30日から11月1日まで「宇俊之作品展&全日中優秀作品展」が福州画院美術館にて開

        催されました。全日中展最高顧問・村山富市元総理が開会式にご臨席、福建省と福州市の

        対外友好協会、美術家協会、文連などの代表者李宏、趙守珍、陳済謀、郭輝、劉孫枝、米偉、

        陳澤輝、及び日本からの友人たちが出席し温かい日中友好の雰囲気の中で行われました。日

        本からは全日本中国水墨芸術家連盟顧問著名画家斉夢章、常務理事寒梅人及び会員達が

        応援に参加しました。

     ●本展は、全日本中国水墨芸術家連盟と福建省美術家協会などとの共催により開催されたも

        ので宇俊之氏の48点の作品、全日中優秀作品32点合計80点が展示されました。その中、宇

        俊之先生が創作した「歴史的談話」の作品(宇俊之氏が描いた村山元総理の肖像画に村山

        富市元総理本人が賛を書き加えたもの)が特に注目され、福建省のテレビ局に放送され話題

        となりました。

     ●その間、福建省副省長、代理福州市長蘇増添、副市長朱華が、村山元総理の歓迎会を催し、

        村山元総理が当日揮毫の書「以歴為鑑・永遠友好」を贈呈されました。また、福州師範大学

        にて「村山談話」を巡って講演を行い、日中交流に役立つ人材を目指して頑張っている日本語

        系の学生達を激励しました。

               
               1:展覧会会場‐福州画院美術館

               
               2:会場入り口にて軍楽団乃演奏

               
               3:開会式の来賓

               
               4:テープカット

               
               5:村山富市元総理激励と祝賀の挨拶

               
               6:感謝の意を表する宇俊之

               
               7:村山元総理の肖像作品の前に
               

               
               8:全日中展斉夢章先生作品を鑑賞する村山元総理

               
               9:会場にて全日中展常務理事寒梅人先生揮毫実演

               
               10:歓迎会見で蘇増添副省長に題字を贈る村山元総理

               
               11:村山元総理に展示作品を案内する宇俊之